開化都々逸研究

菊池真一

一、定義
 明治初年から明治半ば頃までに刊行された木版都々逸本のうち、タイトルに「開化」の語又はそれに類似の語を冠したもの、あるいはタイトルにそれらの語がなくても主に開化風俗を謡ったものを、「開化都々逸本」とする。銅版本・活版本は除外する。

二、諸本
 今までに調査することのできた、一四一点・一〇一種類の開化都々逸本を、題名の五十音順に紹介する。〔 〕内は角書き。
東之花開化都々逸(国会図書館本は雪の巻・月の巻の二冊。筑波大学本は雪の巻のみ。明治十二年。永嶋辰五郎編、小森宗次郎板。)
東花開化都々一(筑波大学。丸屋・小林鉄次郎板。)
大一座開化都々一(関西大学。丸屋・小林鉄次郎板。)
開化浮世どゞ一(「瓦斯がなくても」。蓬左文庫。巻一・二・四・五・六の全五冊。松延堂・伊勢屋・大西庄之助板。)
開化浮世どゞ一(「上のお世話の」。関西大学本は「四」とするが、実は巻三・巻四の合本。東大明治新聞雑誌文庫本は巻三。大阪女子大学本は「九」とするが、実は巻三。明治十三年か。松延堂・大西・伊勢屋庄之助板。)
開化浮世度々一 八(「色のあやめに」。国文学研究資料館。松延堂・大西・伊勢屋庄之助板。)
開化浮世どゝ一 九(「主の心は」。上田市立図書館花月文庫。松延堂・大西・伊勢屋庄之助板。)
開化浮世都々一 十(「おまへの心と」。国文学研究資料館〈ハ1/11〉。松栄堂・大西・伊勢屋為治郎板。)
開化浮世度々一 十(「今宵来るかと」。国文学研究資料館〈ハ1/23/2〉。松延堂・大西・伊勢屋庄之助板。)
開化浮世どゞ一(「祈請書なら」。上田市立図書館花月文庫〈音楽382〉。巻一・二・四の三冊合本。但し、巻二の柱は「五」。。松延堂・大西・伊勢屋庄之助板。)
開化浮世都々一(「ぬしに淡路の」。蓬左文庫。大橋堂・児玉弥七板。)
開化浮世どゝ一 四(「馬車にされたも」。弘前市立図書館。板本不明。)
開化浮世どゝ一(「ひとがそしろが」。上田市立図書館花月文庫〈音楽393〉。板本不明。)
開化大つゑかつぽれぶし葉唄都々一吹分(国会図書館。初編・二編。明治十三年。長谷川忠兵衛板。)
開化義太夫入都々逸(都立中央図書館東京誌料。明治十四年。吉田小吉板。)
〔開化〕教訓いろは都々逸(国会図書館。明治十年。吉田小吉板。)
開化京の花(大阪大学忍頂寺文庫。きくや・今井喜兵衛板。)
〔開化芸妓〕端唄浄るり入都々逸(関西大学。菊池真一。東洋大学。明治大学。明治十二年。太田屋・武井佐吉板。)
開化芸妓端唄浄るり入都々逸 (上田市立図書館花月文庫。国会図書館。上田市立図書館花月文庫本は「第二号」、国会図書館本は「第三号」となっているが、中身は全く同じもの。明治十二年。太田屋・武井佐吉板。)
開化五もくドヽ一(東洋大学。丸鉄板。)
開化さわり入どゞ逸 壱号(筑波大学。辻岡屋文助板。)
開化さわりどゞ一 上・下(関西大学・国会図書館は上下巻。東大明治新聞雑誌文庫・筑波大学は上巻のみ。都立中央東京誌料は下巻のみ。明治十三年。木屋・小森宗次郎板。)
開化新作度々逸(国会図書館は壱号から四号まで。菊池真一は壱号のみ。筑波大学は四号のみ。明治十一・十二年。永島福太郎編。加賀吉・堤吉兵衛板。)
開化新作どゞ一うらない 上(新城情報牧野)
開化新撰都々逸(国会図書館。都立中央図書館東京誌料〈5644/21〉〈5644/100〉。東大明治新聞雑誌文庫。国会図書館本が最も分量が多い。明治十三年。大橋堂・児玉弥七板。)
開化新撰都々逸 三号(筑波大学。柱は「二」。明治十八年以前か。)
開化新撰都々逸 三号(関西大学。筑波大学。東洋大学。蓬左文庫。蓬左文庫本には欠あり。筑波大学本の表紙は「四号」。辻岡屋文助板。)
かいくわ新撰どゝ逸さわり入 四(関西大学〈911.65/K8/56〉。)
かいくわ新撰どゝ逸さわり入 四(関西大学〈911.65/K7/25〉。東洋大学。明治二十七年。近江屋・長谷川園吉板。)
開化新撰はうた上るり入どゝ一(関西大学。国会図書館。明治十一年。木楽斎撰。武井佐吉板。)
〔開化新聞〕浄るり入どゞ一 一(菊池真一。)
〔開化新聞〕浄るり入どゞ一 二(上田市立図書館花月文庫。関西大学。菊池真一。筑波大学。東大明治新聞雑誌文庫。上田市立図書館花月文庫は欠あり。)
〔開歌〕新聞都々一(関西大学。筑波大学。東大明治新聞雑誌文庫。)
開化しむふん都々一 初編(国会図書館。関西大学。菊池真一。関西大学本・菊池真一本には欠あり。明治十一年。倉田太助板。)
開化新聞よし原都々一 二遍(関西大学。東大明治新聞雑誌文庫。)
開化新文句面白都々一(都立中央図書館東京誌料。金英堂板。)
開化新文句吉原都ゞ一(国会図書館は初遍・二遍・三扁・四扁。東洋大学は四扁のみ。明治十三年。長谷川忠兵衛板。)
開化撰抜都々逸(関西大学。金英堂板。)
開化珍聞都々一(国会図書館。明治十一年。楢葉周平板。)
〔開化〕辻筮都々一 乾(国会図書館。明治十四年。室直三郎板。)
開化都々一(「ういもつらいも」。国会図書館。明治二十年。長谷川園吉板。)
開くわとゝ逸(「梅とさくらの」。東大新聞雑誌文庫。都立中央図書館東京誌料。)
開花どゝ一(「ゑんもゆかりも」。関西大学。)
〔開化〕都々逸(「思ふお人が」。関西大学。)
開化度々一 一号(「究理黄瓜と」。都立中央図書館東京誌料。明治十一年。吉田小吉板。)
開化度々一(「心がらとて」。二号か。都立中央図書館東京誌料。明治十一年。吉田小吉板。)
開化度々一(「通ふ廓の」。四号か。都立中央図書館東京誌料。明治十一年。吉田小吉板。)
開化都々一(「気高いはづだよ」。関西大学。筑波大学。大橋堂・児玉弥七板。)
開化都々一 三編(「ザンザめく」。関西大学。菊池真一。菊池真一本は部分。大倉孫兵衛板。)
開化都々一(「親にやうらまれ」。筑波大学。島鮮堂・綱島亀吉板。)
開化都々一 三(「ぜひも内務と」。都立中央図書館東京誌料。明治二十年。長谷川園吉板。)
開化都々いつ(「恋の闇路へ」。国会図書館。明治十三年。大倉孫兵衛板。)
開化都々一(「腹に実の」。筑波大学。明治十三年。錦耕堂・山口屋・荒川藤兵衛板。)
開化都々いつ甲ノ巻・蚊かどゞ逸乙号(「さいじつに」。関西大学。新城情報牧野。新城情報牧野は「甲ノ巻」のみ。明治十三年。金松堂・辻岡文助板。)
開化都々逸(「ぬしが水なら」。関西大学。)
開化都々一(「ぬしに淡路の」。関西大学。筑波大学。大橋堂・児玉弥七板。)
開化どゞいつ(「ぬしの来るのを」。都立中央図書館東京誌料。国器堂板。)
開化都々一(「ねがひ叶ふは」。筑波大学。大橋堂・児玉弥七板。)
開化都々逸(「ねがひは通らず」。国会図書館。明治十四年。多賀甚五郎板。)
開化都々一(「乗るも曳くのも」。筑波大学。蓬左文庫。大橋堂・児玉弥七板。)
開化どゞ一 壱号・二号(「円き地球に」。国会図書館。都立中央図書館東京誌料。都立中央図書館東京誌料本は壱号のみ。明治十二年。小森宗次郎板。)
開化どゞ一 三(「勤めする身で」。菊池真一。)
(開化都々逸)(「私しや旧弊」。表紙欠。他本と合冊。弘前市立図書館。)
開化どゝいつしんぶん(筑波大学。綱島亀吉板。)
〔開化〕都々一ツ声くらべ(香川大学神原文庫。明治八年。)
開化花揃都々逸(国会図書館。明治十五年。尾崎民太郎板。)
開化はやり都々逸(菊池真一。山藤板。)
〔開化〕芳此 二篇・三篇(大阪府立中之島図書館。明治十年。石川和助板。)
開化よし此 四篇(蓬左文庫。石川和助板。)
開化よし此集(大阪大学忍頂寺文庫。関西大学。関西大学本は部分。石川和助板。)
〔開化〕よし原都々一(筑波大学。)
〔懐中〕開化度々一(国会図書館。明治十一年。吉田小吉板。)
新作開化都度いつ 甲の巻(東大明治新聞雑誌文庫。山藤板。)
〔新作〕開化はうた(菊池真一。)
新作別品都々一(菊池真一。松延堂・大西・伊勢屋庄之助板。)
〔新板開化〕都々逸(東洋大学。)
新版開化どゞ一 九(都立中央図書館東京誌料。)
しん板開化別品どゝ一(東大明治新聞雑誌文庫。三・四・六合冊。)
新板開化別品どゝ一 五(関西大学。)
新板開化別品度々一 十(菊池真一。)
〔新版開化〕文句入都々一(国会図書館。明治十九年。山口亀吉板。)
しんぱん詩入開化都々一(東大明治新聞雑誌文庫。金松堂・辻岡文助板。)
新ぱんどゝいつ(京都大学谷村文庫。群芳堂・車平次郎板。)
新文句開化都々一 第一号(国会図書館。明治十四年。清水屋・長谷川作次郎板。)
新令都度逸 初編(香川大学神原文庫。菊池真一。国会図書館。東大明治新聞雑誌文庫。都立中央図書館東京誌料。都立中央図書館東京誌料本は外題「語一真流行どゝ一」。明治三年。竹堂梅兄著。松延堂・伊勢屋庄之助板。)
新令都度逸 三編(弘前市立図書館。墨塘洒人・竹堂梅兄著。松延堂板。)
新令都度逸 四編(香川大学神原文庫。京都大学谷村文庫。墨塘洒人・竹堂梅兄著。松延堂・伊勢屋庄之助板。)
〔酔興漫戯〕声くらべ 初編(香川大学神原文庫。明治七年。森本屋板。)
団々与志此(関西大学。明治十年。前田喜兵衛板。)
珍笑団団都々一(東大明治新聞雑誌文庫。明治十一年。若栄堂・多賀甚五郎板。)
珍笑団仝都々一 四号(関西大学。明治十一年。多賀甚五郎板。)
東京じまんどゝいつ(東大明治新聞雑誌文庫。)
当世都々一真盛(筑波大学。丸屋・小林鉄次郎板。)
浪花の梅(国学院高藤田小林。大和屋清兵衛板。)
葉うた都々いつ四季の戯れ 一号・二号(東大明治新聞雑誌文庫。明治十三年。長谷川忠兵衛板。)
文明開化とゞいつ(筑波大学。山藤板。)
明治新ぱんとゞ一(東大明治新聞雑誌文庫。明治十四年。佐野金之助板。)
文句入開化どゞいつ(国会図書館。明治二十年。萩原新七板。)
文句さわり入開花都々一(東洋大学。)
横はまお髭都々逸(福井市立図書館。蓬左文庫。)
流行新令どゝ一(菊池真一。東大明治新聞雑誌文庫。都立中央図書館東京誌料。菊池真一本には欠あり。竹堂梅兄著。松延堂板。)